ON THE HEAD

インテリアショップ“AREA”“POLIS”を運営するCROWN Inc.の公式通販サイト“ON THE HEAD”

ブランド・シリーズ

 

chair collection

SOL
 

JACET

 

JOTARO SAITO model


Fujiyoshi Brother's Collection

 

アイテム

インフォメーション

Shop

AREA Tokyo 
AREA db
AREA sofas
AREA 西武渋谷店
AREA Osaka
AREA Kanazawa
 

POLIS ひたちなか店
 
How to Buy
Mail Magazine

Company Profile

 

 

HOME»  Chair»  chair A-10

chair A-10

日本の美学をまとったウィンザーチェア 「A-10」 

ウィンザーチェアとは18世紀後半にイギリスのウィンザー地方で大量生産され、世界中に普及していったチェアのスタイルで、ろくろで製作された丸棒(スポーク)が特徴です。
様式にとらわれず、実用性を重んじて作られてきたウィンザーチェアは、現代に至るまで様々なチェアのデザインに影響を与えていると言われています。

A-10はそのウィンザースタイルを意識したスポークによって構成されていますが、造形は日本の神社に見られる、神域への入り口の門を表す『鳥居』から想起して練られています。
直線の丸棒による笠木が緊張感を生み出し、静かな中も凛とした佇まいを見せています。
遠く離れた海外で発展した古典様式を現代の木工技術と日本の美学・感性により昇華させるこでchair A-10は誕生したのです。

 

  • chair A-10

  • 型番・品番

    A-10

  • 販売価格

    56,160円(税込) 62,640円(税込)

  • 材種

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 水平に伸びる丸棒笠木

    A-10の最大の特徴ともいえるのが、直線の丸棒を笠木とした、その意匠にあります。
    それは数あるウィンザーチェアのどの形にも当てはまらない独自のモノです。
    また、スポークは先端が一段細く加工されており、接合される笠木を際立たせつつ、緻密で繊細な角度を有する背柱として存在を主張しています。

    無垢材から削り出したぬくもり感のある板座

    無垢材による座面は、おしりにやさしくフィットするように、職人の手によって削られています。
    さらに座面の前方はアール形状に加工し腿の裏が当たっても痛くない配慮がされています。
    座り心地の良さと同時にぬくもりが感じられる、無垢材ならではの板座です。


    size:W480 D525 H857 SH420
    made in Japan


    ※この商品は受注生産となりますので、約一か月の納期をいただいております。

    ・ 配送料 全国一律 ¥4,000/脚
    (※ 沖縄と離島に関しては別途料金が掛かる場合がございます)